コマンドプロンプト_moveコマンド

moveコマンドで移動先のフォルダの指定せずに

move "C:\Users\co\OneDrive\ドキュメント\Office のカスタム テンプレート"

で実行したら、"C:\Users\co\Office のカスタム テンプレート"に移動してた。

その後同じコマンド実行しても特にエラーにならず。

f:id:gray-to:20210304225241j:plain

セルの位置を移動させてテーブル作成|Excel VBA

埼玉県の郵便番号一覧をネットからコピペして、テーブル作成しました。

f:id:gray-to:20210223195124j:plain

Excelにコピペしたところ、行政区の読み仮名が下にあるので、これを一段上の右セルへ移動して、元の位置が空白行になるので削除、またテーブルにするにあたって要らない行も削除するというVBAです。

f:id:gray-to:20210223195213j:plain

1.読み仮名を右に1列、上に1行ずらすコード

Sub Macro001_01() '///読み仮名を右1、上1へコピペ///  
Dim i As Long For i = 2 To 10000 ’最終行が8490なので10000を指定
If Cells(i, 1) = "" Then Cells(i, 3).Offset(-1, 0) = Cells(i, 2) '
End If Next i End Sub

2.続いて、A列が空白なら行削除するコード

Sub Macro001_02() '///A列が空白なら行削除///  
Dim lRow As Long  
Dim i As Long  
    lRow = Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).Row  
    Application.ScreenUpdating = False  
    For i = lRow To 2 Step -1  
        If Cells(i, 1) Like "" Then  
            Range(i & ":" & i).Delete  
    End If  
    Next i  
    Application.ScreenUpdating = True  
End Sub

3.最後に、それ以外の不要な行を削除するコード

Sub Macro001_03() '///余分な行を削除///  
Dim lRow As Long  
Dim i As Long  
lRow = Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).Row  
Application.ScreenUpdating = False  
    For i = lRow To 2 Step -1  
        If Cells(i, 1) Like "郵便番号の一覧を見る" Or _   
            Cells(i, 1) Like "市区町村" Or _   
            Cells(i, 1) Like "このページの先頭へ戻る" Or _   
            Cells(i, 1) Like "?行" Or _   
            Cells(i, 2) Like "以下に掲載がない場合" Then  
            Range(i & ":" & i).Delete  
        End If  
    Next i  
    Application.ScreenUpdating = True  
End Sub

完成です

f:id:gray-to:20210223200358j:plain

フィルタがかからないとき|Excel

Excelでよく使う機能の一つ、フィルター。せっかくデータを集めたのに、フィルターがかからない…ってあるあるです。そんな時はもしかしたら空白行が途中に入ってるかもしれません。ここではその空白行(セル)を解決する方法についてお伝えしていきます。

 

 

 

1.空白行を消す方法

 

f:id:gray-to:20210223173702j:plain

 

これ、埼玉県の市町村の表なので、一番下は蕨市になるはずですが、赤いセルが空白なため、入間市までしか認識していません。まずは空白行を消す方法として

 

f:id:gray-to:20210223173904j:plain

 

A列を指定

Ctrl+G

Alt+S

K

Enter

たったこれだけでA列の空白セルをまとめて選択できました。

 

f:id:gray-to:20210223175413j:plain

 

あとは行削除のショートカットで
Ctrl+-(マイナスキー)
R で行全体を指定
Enter

あっという間にA列から空白セル(または行)が削除されました。

 

f:id:gray-to:20210223175755j:plain

 

その結果、一番下の蕨市までフィルタがかかるようになりました。

 

 

2.空白行(セル)を認識させる方法

f:id:gray-to:20210223180242j:plain


まず、Ctrl+Homeで左上のセル(A1セル)を指定します。
次にCtrl+Shit+Endで右下を指定します。
これで空白セル(行)を含むひとかたまりの範囲の指定ができました。

 

f:id:gray-to:20210223180456j:plain

 

あとはCtrl+Tでテーブル設定をし、空白行をフィルタで抽出、削除すればOKです。

画像の一括削除|Excel

インターネット上の画像からコピペしたときに、余計な画像が一緒に張り付いてしまうことがあります。これ要らないんだけど…ってひとつひとつコツコツと削除している人がいます。
それ、数が多いと半日かかったり、それでも終わらなかったりします。かなり非効率なやり方ですね。そんな時はこの方法がおススメです。

画像一括削除のショートカットキー

Ctrl+G

Alt+S

B

Delete

f:id:gray-to:20210223170458j:plain

ネットからコピペしたところ、変更後といううざいボタンがもれなくついてきた。

f:id:gray-to:20210223170656j:plain

こんな時は、ショートカットキーでまとめて一括削除に限ります。
まず、CtrlGを同時押しです。

f:id:gray-to:20210223170855j:plain

選択オプションが表示されるので、Alt+B、またはオブジェクト(B)のラジオボタンをクリック。

f:id:gray-to:20210223171046j:plain

オブジェクト全体が選択されます。

f:id:gray-to:20210223171122j:plain

あとはDeleteを押すだけ。
たったこれだけで要らない画像が一括削除できます。